任意整理の流れかんたん解説【その間の生活ってどうなるの?】

任意整理の流れかんたん解説【その間の生活ってどうなるの?】

任意整理の流れかんたん解説【その間の生活ってどうなるの?】

任意整理とは借金が多すぎるせいで生活をするのが苦しくなった方に対して行なわれる救済措置で、それまでの借金の一部のみ原則として3年間かけて返済していく手続きのことです。任意整理の手続きをするためには債権者の同意を得なければいけません。ただほとんどの債権者は少しでも貸したお金を回収するために任意整理には同意をしてくれます。返済は3年間で完済するのがどうしても難しいという場合に最長で5年間まで延ばすことができます。

任意整理の流れはまず弁護士や司法書士に依頼することから始めます。個人で手続きを進めることはもちろん可能ではありますが、細かな決まりや書類の提出などのことを考えると時間を無駄にしないためにも専門家の力を借りるほうが良いといえます。すると代理人となった弁護士や司法書士は利息制限法の上限金利への引き直し計算を行います。これによって過払い金が発生する場合もあり、その時には債権者に対して請求することができます。借金額が確定したら返済期間や毎月の返済額についての和解案を作成し、債権者に和解交渉をします。和解内容について合意したら次は合意書を作成します。ここまでの流れではほとんど代理人が動いてくれますので依頼人はあまりしなければいけないことはありません。そして合意書の内容通りに毎月返済していくこととなります。きちんと毎月返済をしていけば、3年間で完済することが可能です。これが任意整理のおおまかな流れになります。