任意整理の方法・やり方マニュアル※相談から支払い方法まで

任意整理の方法・やり方マニュアル※相談から支払い方法まで

任意整理の方法・やり方マニュアル※相談から支払い方法まで

任意整理というのは、裁判所を通すことなく、債務者と債権者との間の話し合いによって、借金の残額の一部を減額してもらったり、借金を返済するまでの期間を延長してもらったりする債務整理の方法をいいます。
任意整理と同様の債務整理の方法のひとつに個人再生とよばれるものもありますが、こちらも同様に借金の減額の効果があるものの、手続きにあたっては裁判所を介するほか、再生計画とよばれる、将来の返済の見通しなどを記載したものを作成することになります。
個人再生の手続きでは、借金の残金は再生計画にもとづいて本人が確実に返済できるよう、一般的には3年、長くて5年の期間を設けて分割で返済させることにしています。
任意整理は裁判所の枠組みとは異なるものの、この個人再生の手続きに準じて、おおむね3年、長くて5年という期間で借金の返済をするという合意を取りつけることが多くなっています。
なお、任意整理はあくまでも話し合いが前提となっていますので、理屈としては債権者と債務者の双方が合意すれば、返済の期間についても3年や5年という数字にしばられずに、自由に決めることは可能です。
ただし、お金を貸した側の債権者としても、本人が自己破産をするなどして全額が貸し倒れとなるリスクは避けたい一方、できるだけ早く、確実に債権を回収したいと考えるものです。
そこで、債権者と債務者の主張の折り合いをつけて、任意整理の手続きをすみやかに進めるという意味でも、個人再生の手続きに準拠するのが妥当といえます。