任意整理にかかる期間について※知っておくべき知識特集!!

任意整理にかかる期間について※知っておくべき知識特集!!

任意整理にかかる期間について※知っておくべき知識特集!!

多重債務や借金苦に苦しむ人を法に則って救済する手段というのは、現代社会では複数の方法が確立されています。
現代ではお金を借りるキャッシングサービスやローンサービスなどが充実しており、多くの人が便利にそれらのサービスを活用しています。
万が一の時の心強い味方となってくれる一方で、使い方を誤ってしまえば、借金に頭を悩ませることとなります。
キャッシングサービスやローンサービスの使い方を誤ってしまい、借金で苦しむこととなってしまった人の数が増加したため、それらの人を救済する手段として、債務整理が確立したのです。

債務整理の代表的な手段として例に挙げられるのが、任意整理や個人再生、自己破産などとなります。
これらの中でも申請のための条件がもっともゆるく、手続きにかかる手間が少なくて済む方法が任意整理となります。

任意整理とは、弁護士や司法書士が債権者と直接交渉を行って負債額を減らす債務整理手段となります。
他の債務整理手段と異なり、整理を行う際に裁判所を通さないことが大きな特徴となっています。裁判所を通さない分、必要な提出書類などが少なくて済むというわけなのです。

なお、任意整理後は信用情報に金融事故情報が掲載されることとなります。
金融事故が掲載されれば、およそ5年間は新規にクレジットカードを作ることができなくなります。クレジットカードをネットショッピングなどの際に便利に使える現代人の必需品です。

クレジットカードが作れない期間は、クレジット機能が付帯したデビットカードなどを作って代用すると良いでしょう。