任意整理で完済後※クレジットカードや住宅ローンはどうなる?

任意整理で完済後※クレジットカードや住宅ローンはどうなる?

任意整理で完済後※クレジットカードや住宅ローンはどうなる?

任意整理は法的な手段によらず借金を減額し返済を楽にすることが可能ですが、メリットもあればデメリットももちろんあります。法改正からしばらくは任意整理に応じる業者が多かったのですが、現在では簡単には応じなくなってきているため、効率よく借金を減額することができなくなっています。任意に交渉するのが任意整理の特徴ですから、業者側が応じなければ成立しないのです。法的な手段ではないため手続きが簡単に行えるのが任意整理のメリットですが、個人再生や自己破産のように大幅に減額できない点もデメリットだと言えます。グレーゾーン金利によって借入があれば大幅に減額することが可能ですが、利息制限法の範囲内で行われている融資にはほとんど効果が無いのもデメリットだと言えます。具体的にはクレジットカードのショッピングやキャッシング枠がありますが、そもそも利息制限法の範囲内で行われた分に関してはほとんど減額できないのです。自己破産では全ての債務が免除される場合がありますし、個人再生でも大幅な減額が可能です。任意整理では債務者の借入状況によってほとんど減額できないケースもありますので、メリットよりもデメリットのほうが大きい場合もあるのです。任意整理最大のデメリットは、信用情報機関に登録されている間は借金ができなくなる点にあります。自己破産でも個人再生でも同じ状況となりますが、完済後5年間は借金ができなくなります。自己破産は7年から10年程度ですが、任意整理は返済期間に5年間がプラスされますので、他の債務整理よりもデメリットが多いのです。