任意整理と過払い請求の違いとは※借金整理まるわかりガイド!

任意整理と過払い請求の違いとは※借金整理まるわかりガイド!

任意整理と過払い請求の違いとは※借金整理まるわかりガイド!

借金問題は個人で解決しようとしても、なかなかうまくいかないことが多いです。
個人で解決しようとせず、法律の専門家に相談してみるといいでしょう。
借金問題を解決するには、債務整理をおこなうといいです。
債務整理の中には、過払い請求や任意整理、個人再生、自己破産などがあります。
法律事務所などでは、初回は無料で相談にのってくれるので、一人で悩んでいないで、相談してみてください。
すべての債務整理手続きの中でも、最もよく利用されるのが任意整理です。
任意整理は手続き完了後の将来利息が免除されるので、完済の期間が短くなったり、取引期間が長い場合は、過払いになることもあります。
任意整理は取引の期間が短いと、返済額が変わらない場合もあるので注意が必要です。
任意整理をおこなうと、しばらくの間はローンを組んだり借入をすることができません。
なぜなら、債務整理の事故情報が信用機関に登録されるためです。
この登録期間は、登録日から5年を超えない期間と定められているので、新たにローンを組みたい場合は、5年以上たってから申し込むようにしましょう。
任意整理の返済期間は、通常は3年ですが、返済が困難な場合は5年まで延長できます。
任意整理は、取引開示を債権者に請求するので、返済金額や契約書がなくてもできます。
しかし、あまりにも時間がたち過ぎていると、保管期間のの経過を理由に開示に応じないこともあるので、契約書は捨てずにもっておくといいでしょう。