任意整理ができる条件、注意点は?【債務整理完全ちゃんねる】

任意整理ができる条件、注意点は?【債務整理完全ちゃんねる】

任意整理ができる条件、注意点は?【債務整理完全ちゃんねる】

任意整理は自己破産などと同じように、借金がたまって返済ができなくなってしまった人が、これまでの借金による負債を整理して、生活の立て直しを図るための手続きの一種です。
しかしながら、自己破産は自己の財産を換金して債権者に配分するかわりとして、借金による残りの債務はすべて免責とされ、今後いっさい支払う義務がなくなるというものであり、債務がその人の支払い能力を超えて存在していることが条件となっています。
いっぽう、任意整理は法律にもとづく手続きではなく、債権者となっている銀行やサラ金業者、信販会社などとの話し合いを通じて、残っている借金の減額を求めるというものです。
したがって、任意整理では持っている財産を強制的に手放さざるを得ない状況になることはないかわりに、以後の借金の支払い義務も完全になくなるわけではありません。
こうしたことから、任意整理の場合には、まずは少ないながらも将来にわたる一定の収入見込みがあり、今後3年から5年といった期間に分割すれば残りの借金の返済が可能で、なによりも本人が借金を返済しようとする意志を持っていることが条件となります。
さらにいえば、話し合いによる解決ですので、借金をした本人が同意したとしても、相手である銀行などが借金の減額などの内容に同意しなければ、そもそも任意整理は成立しないことになりますので、かならず双方が合意できる内容であることが条件となるのはいうまでもありません。