任意整理したら保証人はどうなるのか調査※請求はどうなるの?

任意整理したら保証人はどうなるのか調査※請求はどうなるの?

任意整理したら保証人はどうなるのか調査※請求はどうなるの?

お金を借りる時に保証人が有る場合、お金を借りた人が返済が困難になることで保証人に対して、債務の支払いを命じられることになります。
保証人と言うのは、お金を貸す相手に対し、返済が出来なくなった時は自分がそれの責任となる債務を追うと言う事であり、借金返済が困難になってしまい、弁護士などに依頼をして債務整理をした時も影響が出て来るのです。

債務整理と言うのは借金でもある債務を整理していくことで、任意整理、自己破産、特定調停、個人再生と言った方法が有ります。
この中でも裁判所を利用せずに債務整理を行えるのが任意整理で、返済能力がある人などが借金の整理を行う時に利用する事が出来る方法なのです。

任意整理は裁判所を通すことなく、弁護士や司法書士と言った法律のプロに依頼をして行う事になるのですが、債権者との交渉を行い、債務を減額する交渉や、将来の利息を減らす交渉、そして支払方法の交渉などを行って債務を整理していきます。
また、過払い金が有る場合は過払い金の返還請求を行うなどして借金を減らしていき、残りの債務を一定期間の中で返済をしていくことになるのです。

保証人が借金を負担しなければならないのは、債務整理の中でも自己破産や個人再生と言った方法を利用した場合であり、自己破産や個人再生の手続きを行う中で、借金をする時に保証人を立てている場合などでは債務の返済義務が移行する事になるのです。

尚、任意整理や特定調停の場合は、保証人を立てている借金を除外して債務整理をしていくことで迷惑をかける事なく債務整理を行う事が可能になるのです。