任意整理のデメリットは?※借金整理をする前に知りたかったこと

任意整理のデメリットは?※借金整理をする前に知りたかったこと

任意整理のデメリットは?※借金整理をする前に知りたかったこと

任意整理は借金の減額と返済の負担を減らすことができるメリットがありますが、メリットがある分デメリットが起こってしまいます。返済中はもちろんですが完済後も一定の制約がありますので、デメリットとメリットを比較してから利用するのが基本と言えます。返済中と完済後には融資審査に通らなくなるのが任意整理の特徴ですが、もちろん個人再生や自己破産でも同じ状況となります。自己破産は債務の免除がありますので、返済の必要がない点に特徴があります。個人再生も借金の総額を大幅に減らすことが可能ですから、返済が負担になりにくいのが特徴です。一方で任意整理は返済が前提の手続きですから、借金の総額や過払い金の額によっては苦しい返済をしていくことになります。返済中はもちろんですが、完済後も一定の期間は借り入れが困難ですから、借金ができないことによる経済的な負担は自己破産や個人再生よりも大きくなってしまいます。任意整理は整理する金融業者を選ぶことが可能ですが、整理しなかった金融業者もいずれは再審査が入り利用できなくなる場合があります。完済後は現金のみの生活を続ける必要がありますので、安易な任意整理は逆に生活を苦しくしてしまうのです。任意整理後は一定の期間信用情報機関に登録されるため融資審査は確実に通らなくなりますが、登録されている期間は5年間となります。金融業者によって利用している信用情報機関が異なりますし、信用情報機関によって登録期間が異なる場合もありますが、完済後は最低でも5年間は融資審査に通らなくなります。